« 2019年12月 | トップページ

2020年1月の1件の記事

2020年1月 1日 (水)

無期限更新停止のお知らせ

いつもお世話になっております。
niftyの不具合満載で修正もしないと言う馬鹿なリニューアルのお陰でブログ更新も苦痛になりました。

万が一に備えてバックアップサーバーも立ち上げましたが、車に関する記事を書くのが楽しくなくなってしまいました。
niftyのリニューアルが無ければ、継続していたと思います。

楽しくないから自然と徐々に記事更新の頻度も減り、2019年いっぱいを持ちまして記事の更新を停止しました。
中には有効な記事もあるかと思いますので、記事自体は残しておきます。

今後は車関係以外のメインブログ1本に絞ります。
当然、メインブログはniftyではありません。
そちらでは車関係の話題は極力掲載しない予定です。

今まで投稿した800件を超える10年分のデータは全てローカルディスクに保存してあるので、先ほどバックアップサーバーのデータを一括削除致しました。

ブログランキングへの登録も解除致しましたので、閲覧したい場合は検索エンジンから見つけてください。

気が変わったら、こちらのサイトも予告なしに一括削除します。

今までありがとうございました。

2020年1月1日 Posted By annz-works

-------------------------------------------------
■以下、リニューアルから停止に至るまでの経緯です。

☆ブログサーバーリューアルに伴う不具合について

2019年3月19日のココログリニューアル以降、XML-RPC経由での記事書き込みに対してカテゴリが複数登録できなくなってしまいました。
色々と試してみましたがサーバーにはカテゴリが1つしか登録されません。バグのようです。
何度もバグ報告をしているが一向に直らない。
さらにはカテゴリ情報の取得に関して、リニューアル直後は問題なかったのに現在は無効化しているカテゴリまでツールが取得してきてしまう始末。

追伸:
タイトル画像が勝手に消えました。
あちこちで不具合が起きているようで今後も何が起きるか分かりません。
全てはniftyの問題です。
 
追伸2:(2019.06.28)
うわー、niftyが多大なバグ修正が残っているにもかかわらず、2か月以上不具合対応を放置した挙句、新機能搭載を宣言しちゃったよ。
当然、不具合は一向に改善しておりません。
 
追伸3:(2019.07.30)
「不具合報告フォームについて」の表題が、単なる「ご案内」に変更された。
niftyはどうしても「不具合/トラブル」を隠蔽したいようです。
 
追伸4:(2019.08.01)
仕方ないのでXML-RPC経由での記事投稿を止め、改悪されたシステムで本文もリッチテキストで書いてみるもまともに改行すら出来ない。
それならとタグ打ちを試みたが、その場で勝手にタグが置換されてしまい意図したタグすら書けない状態。
どうにもなりませんね。
不具合は依然として放置されたままですし、niftyは直す気もないようです。
 
追伸5:(2019.08.01)
オリジナル(カスタマイズした)テンプレートまで崩れてきたし、niftyは多大なバグ修正をする気もないようなので今後について思案中。

追伸6:緊急避難先の確保について(2019.08.02)
niftyは多大なバグ修正をする気もないし不具合を隠蔽したいようなので、2019年4月に緊急避難先を確保しました。
エクスポート機能の実装が予定より大幅に遅れていた為、今まで緊急避難先の件については隠しておきました。

この度、エクスポート機能を利用して緊急避難先にデータを移行しました。
過去から現在までのデータは写真を含めて全て移行済です。
これでココログがサービス停止になっても大丈夫です。

一先ずココログをメインとしますが、今後は避難先のサイトと並行して投稿していきます。
緊急避難先のブログは、ココログの対応次第で公開するか判断します。

追伸7:(2019.08.02)
niftyの各種お知らせに対して、つぶやきが出来なくなっている。
各ユーザーのつぶやきが一気に減ったからおかしいとは思っていたんだ。
niftyさん、そんなに嫌なら、もうココログサービス停止させようよ

追伸8:(2019.09.24)
遂にはXML-RPC経由での更新すら出来なくなりました。
この不具合が長引くようなら、本ブログは更新停止するかも知れません。

追伸9:(2019.09.25)
原因はniftyによる仕様変更のためでした。
「お知らせ」には一切書いてありませんでしたが、XML-RPCのエンドポイントURLが変更になっていました。

不具合発生、その度に修正、も疲れてきました。
本ブログは更新停止するかも知れません。

追伸10:(2019.12.31)
本ブログは縮小とし、メンテナンス記録程度に留めるかもしれません。
バックアップサーバーも更新内容は同様とし、場合によっては同時にクローズするかもしれません。

|

« 2019年12月 | トップページ