« 初回6か月点検のお知らせが届いた at GK5 | トップページ | 今夏、水温は80℃前半で安定していた at GK5 »

2017年9月 8日 (金)

BLITZ SmaThro を装着しました / スロットルコントローラー at GK5

BLITZのスロットルコントローラー「SmaThro(スマスロ)」を装着しました。
クイックレスポンスが欲しい時に純正では緩慢すぎるので導入に踏み切りました。

普段は純正でも構わないので、操作性よりも取り付け(見た目)がスマートなスマスロを選択しました。

先日見つけた怪しいサイトでは購入せず、正規のお店で購入したので価格はそこそこ。
取り付けを自分で行うことで価格差を埋めました。
とは言ってもスロコンにしてはリーズナブルな方だと思います。

別売りのリバースキャンセルハーネスを使用することで名前の通り、後退時にスロコンをオフに出来ます。
また通常はエンジンOFFと同時にスロコンがOFFになりますが、ハーネスを接続することでエンジンONと共にスロコンもONにする事が可能。もちろんエンジンONでもスロコンはOFFという設定も出来ます。

リバースキャンセルハーネスも購入しようとしましたが、冷静に考えると単なる信号取り出し配線に2000円は高すぎる。
そこでシビック タイプR(FD2)の時に電子機器の配線整理に使用したコードとギボシ端子が余っていたので自作しました。

リバースキャンセルハーネス取り付けのため、メーターパネルやエアコンダクトパネル、センタークラスターパネル、センタークラスターロアパネル、ナビを取り外しました。
配線が丸見えになったところでリバース信号線にハーネスを取り付け。

養生テープを貼って各種パネル取り外し中
養生テープを貼って各種パネル取り外し中

 

一番左がスマスロ(スロコン)のスイッチ
一番左がスマスロ(スロコン)のスイッチ

サービスパネルが全て埋まってしまいました;
まぁ、他に何かを取り付ける予定はないので問題はありませんが。

各種配線が完了したら仮止めの段階で初期設定を実施。
取説に書いてありますが、初期設定完了まではエンジンを掛けてはいけません。

正常動作を確認したら本格的に配線をまとめ、スッキリさせました。
外した各種パネルも元通りにして作業完了。

スロコン本体はどこかに固定しても良かったのですが、もともと設定変更するにはスロコン本体にあるロータリースイッチを回さなくてはならず、変更するために手の届く範囲に固定すると後付け感がハンパないし、見た目にもイヤ(笑)
常に変更するものではないと判断し、スロコンの本体は足元のパネル内に格納しました。

肝心のスロコンの設定ですが、オートモードはイマイチしっくり来なかったので、スポーツモードの一番下「5」にセットしてあります。
アクセルレスポンス、結構変わりますよ!

現在は必要な時に手動でONにしています。
後日、残りの幾つかの設定を試してみたいと思います。

スロコン装着時の走行距離:2,474km

※関連情報
スロットルコントローラーを入れるか思案中 at GK5 By annz-works

|

« 初回6か月点検のお知らせが届いた at GK5 | トップページ | 今夏、水温は80℃前半で安定していた at GK5 »

GK5 at FIT3 RS」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

電装系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287840/71647024

この記事へのトラックバック一覧です: BLITZ SmaThro を装着しました / スロットルコントローラー at GK5:

« 初回6か月点検のお知らせが届いた at GK5 | トップページ | 今夏、水温は80℃前半で安定していた at GK5 »