« KURE GAS TREATMENT / 水抜きを兼ねて at FD2 | トップページ | エンジントルクダンパーの調整 at FD2 »

2015年4月18日 (土)

当て逃げされたボディーの凹み / デントリペア at FD2

洗車時に気付いたのですが、ボディーの横に大きめの凹みを発見(汗)
パッと見には良く分からないが、明らかに凹んでいる。

このまま放置も出来ないので、修理してもらいました。
今回はデントリペアという方式で修理。

デントリペアを簡単に言うと凹みの裏側から叩いて直す高等技術です。
大きさや程度によりデント出来ない場合もあります。

実際の仕上がりをみて驚きました。
見ても触っても凹みが分かりません。
ホント凄いです。
おかげでオリジナル塗装とコーティングをそのまま残す事が出来ました。

ボディー表面に擦れたようなキズや塗装の剥がれが無く、またパテを用いた修理や再塗装をしたくなかったので理想の修理内容となりました。

また通常の板金修理よりも安く、短時間で修理出来るので今回のように塗装面がキズついていない場合は検討の価値十分ありです。

尚、仕上がりについてはデント作業者の技術次第なので、下調べをしてから出すのが吉。

こちらが凹んでいる状態
こちらが凹んでいる状態

 

デント後
デント後

修理時の走行距離:24,289km

|

« KURE GAS TREATMENT / 水抜きを兼ねて at FD2 | トップページ | エンジントルクダンパーの調整 at FD2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ボディパーツ・補強」カテゴリの記事

FD2 at CIVIC TYPE-R」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

メンテナンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 当て逃げされたボディーの凹み / デントリペア at FD2:

« KURE GAS TREATMENT / 水抜きを兼ねて at FD2 | トップページ | エンジントルクダンパーの調整 at FD2 »