« ホンダ、インターナビなどを活用したセーフティーマップを公開 | トップページ | ホンダ、VAMOSなど軽3車種にリコール »

2013年3月30日 (土)

タイヤ交換後の感触 / BRIDGESTONE POTENZA S001 225/40R18 92Y XL at FD2

まずは感じた事を率直に。
タイヤ交換して走り出した時には接地に不安がありましたが、自宅に着く頃にはある程度解消していました。
タイヤが新しいからか、ゴムの柔らかさを感じます。
転がり抵抗が少ないのか、良く転がる感じがします。
ロードノイズが少なくなりました。
吸気音も良く聞こえます。
路面のペイントに乗った際に、ペイントの段差が分かります。

それと乗り心地はとてもソフトになりました。
強度を維持したまま乗り心地が改善できたので良い感じです。
悩んだ末にドライグリップよりも乗り心地重視でS001を選択したので、ここは狙い通りでした。

本当はRE-11Aを選択したかったのですが、ファミリーカーとしては仕方ないですね。
RE-11Aにミシュランの「タイヤ満足保証プログラム」と同等のものがあれば、間違いなくRE-11Aを選択したのですが・・・。

ウェットグリップに関しては雨天での走行が出来ていないので未知数。

空気圧に関して。
最初は規定値に対して普段より多めに入れておりましたが、最終的には以下の値で落ち着きました。
車両にコンプレッサーが付属しているので直ぐに空気圧を変更出来るのが良いですね。
暫くはこの設定で様子をみたいと思います。

現在の設定値、()内はXLでの規定値
F:230kPa (220kPa)
R:220kPa (210kPa)

テストで280kPaまで上げましたが、流石に硬くなります。
当然乗り心地も悪くなります。純正タイヤくらい?
タイヤとしては290kPaまで対応しています。

これまでの印象としてPOTENZAの名を冠してはいるが、最初は単なるコンフォートタイヤのように感じました。
POTENZAの純粋なスポーツタイヤ(ハイグリップタイヤ)とは感覚がだいぶ違うんですよね。

走行距離が300kmを越えた辺りからグリップも増してきましたが、ドライでの安心感はハイグリップタイヤには及ばず。
最近はタイヤに慣れてきたので少しはマシになりましたけど。
・・・とは言ってもクルージングメインのタイヤだなぁ。
S001の特性に合わせてドライビングスタイルをもう少し変える必要がありますね。

前車のインテグラ タイプR(DC2,96 Spec.R)ではPOTENZA RE-711をメインにRE-01、RE-01Rを各一回使用しました。
RE-711はライフが極端に短かったので何セット使用したのか覚えていませんが、非常に楽しかったタイヤでした。
RE-01にモデルチェンジした途端に路面からのインフォメーションは殆ど無くなり、面白みが無くなりました。
代わりにライフは極端に伸びて経済的でしたが。
シビック タイプR(FD2)の純正タイヤはPOTENZA RE-070の専用タイヤですので、16年近くPOTENZAに乗り続けています。

今回のS001を体感した事で「タイヤの方向性を変えるだけで、こんなにも乗り心地が変わるんだな」と改めて実感した次第です。
色々な意味で良い勉強になりました。
S001に限らずネットではタイヤについて色々と書かれているけど、実際に試してみないと分からないですからね。
機会があればRE-11Aも試してみたい所です。

最後にタイヤの感触は車両や個人の感覚によって異なります。
上記は参考までに。


※関連情報
タイヤの慣らし走行 at FD2 By annz-works

BRIDGESTONE POTENZA S001 225/40R18 92Y XL / タイヤ交換 at FD2 By annz-works

乗り心地を劇的に改善する方法 at FD2 By annz-works

さようなら、インテグラ TYPE-R By annz-works

|

« ホンダ、インターナビなどを活用したセーフティーマップを公開 | トップページ | ホンダ、VAMOSなど軽3車種にリコール »

FD2 at CIVIC TYPE-R」カテゴリの記事

タイヤ・ホイール」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

足廻り」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

始めまして
レガシィsti乗りです。丁度タイヤsizeと001が一致して興味深く拝読しました。実は2日前に001を装着したばかりです。
装着直後、250空気圧で走り出した瞬間、絶望的な感覚がありました。接地感が全く無くフニャってした為です。
即、接地感優先で230に変更。確かに柔らかくなりましたが、ショルダーまで接地する為かグリップの手ごたえを感じます。主と今は全く同じ空気圧です。
確かに軽快感はダルいタイヤですが、上手く接地させると高いグリップを感じますね。乗り心地に関しては文句無いです。
ただ01R.11・050A.ナンカンns2の後だけに初期応答性は全く楽しくない...個人的には今でも1本6000円で購入出来るns2が一番クイックで接地感抜群と思います。
225 40 18の重量は001→10.3kg ns2→9.5kg
暫く慣れるまでは様子見ですが、再びナンカンに戻るかもしれません

投稿: 軽量化 | 2015年10月 2日 (金) 00時31分

軽量化さん>コメントありがとうございます。
走行距離が伸びるにつれ、タイヤの接地感については解消されていきました。
とは言ってもRE-711とインテRの組み合わせのような感覚までには至りません。
それとS001装着後暫くは230kpaで乗っていましたが、BSに確認したところ280kpaにセットしてくださいとの指示があり、現在は280kpaで乗っています。
コストパフォーマンスは良くありませんが、雨天時の事も考慮し、私は次も同じタイヤを選択すると思います。
参考になれば幸いです。

投稿: annz-works | 2015年10月 2日 (金) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1287840/51013598

この記事へのトラックバック一覧です: タイヤ交換後の感触 / BRIDGESTONE POTENZA S001 225/40R18 92Y XL at FD2:

« ホンダ、インターナビなどを活用したセーフティーマップを公開 | トップページ | ホンダ、VAMOSなど軽3車種にリコール »